例会(演奏会)のご案内

1月例会 2017年1月22日(日) 13:15開場 14:00開演 米子市文化ホール

松本哲平トリオ(ジャズ)

松本哲平トリオ(ジャズ)
松本哲平(Piano)

1988年1月31日生まれ。鳥取県米子市出身。東京を中心にJazzを核とした演奏活動を行っている。「即興的なスタイルの中に、クラシックで培われた繊細で美しい音色が感じられる。」と評される演奏で、Jazzファンのみならず多くの音楽ファンを魅了している。また、作曲・編曲家としても、さまざまなジャンルのアーティストへ楽曲やアレンジを提供している。

内田義範(Bass)

1985年11月26日生まれ。山口県下関市出身。山口県立豊浦高等学校、国立音楽大学卒業。2007年、国立音楽大学ニュータイドジャズオーケストラに所属し、第38回山野ビッグバンドジャズコンテストにて最優秀賞受賞。クラシックベースを高橋直人氏に、ジャズベースを金子健氏に師事。現在、レコーディング、ミュージカル、様々なバンドのサポート等幅広く活動中。

川島佑介(Drums)

1985年静岡県菊川市出身。 2008年武蔵野音楽大学打楽器科卒業。 バークリー音楽大学に留学。打楽器を金田温子、安藤芳広、ドラムをClarence Pennの各氏に師事。現在都内各所にて演奏活動をを行う傍らアーティストのツアーサポートやレコーディングなども行っている。

Ayuko(Guest Vocalist)

5歳の時、初めて見たマイケルジャクソンの公演で感銘を受け、音楽に興味をもち、中学卒業後単身留学。カナダでジャズピアニストPeter Taylorのグループに参加し、ホールコンサート、教会、クラブなどでヴォーカル活動を行う。その体験からソウルフルな唱法を身につけ、それが現在につながっている。

 お問い合わせは 米子労音 TEL0859-34-3173 まで

米子労音創立から現在までの例会年表

2017年度
3月14日(火)
米子市公会堂
<2017年 3月例会>
トルヴェール・クヮルテット(サクソフォン四重奏)

結成後28年間を同じメンバーで活躍し続ける日本最高のサクソフォンクヮルテット。
トルヴェール・クヮルテット(サクソフォン四重奏)