例会(演奏会)のご案内

1月例会 2020年2月9日(日) 13:15/開場 14:00開演 米子市文化ホール

ディートリヒ・ヘンシェル(バリトン) 岡原 慎也(ピアノ)

ディートリヒ・ヘンシェル(バリトン) 岡原 慎也(ピアノ)
【プログラム】
シューベルト 歌曲集「美しき水車小屋の娘」全曲

【ディートリヒ・ヘンシェル(バリトン)】Dietrich Henschel, Bariton

 1967年ベルリン生まれ。ミュンヘン音楽大学で学んだ後、ベルリンのマスタークラスでフィッシャー・ディースカウに師事する。数々の国内コンクールに優勝したが、国際フーゴ・ヴォルフ・コンクールで優勝、一躍ヨーロッパ中の注目を浴びた。
 その後、90年のミュンヘン・ビエンナーレを皮切りに、シュトゥットカルド、ウィーンなど数々の音楽祭に招かれ絶賛される。
 オペラの分野では93年から95年まで、ドイツのキール歌劇場専属として活躍。「魔笛」「フィガロ」「ファウスト」等多くに出演、サバリッシュ、リリング等の指揮者と共に、ウィーン交響楽団、バイエルン放送響、アムステルダム・コンセルトヘボウ、シュトゥットカルド・バッハ・アカデミー、ミュンヘン・バッハ・ゾリステン等との共演。
 97年以降、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルとの共演、ベルリン・ドイツ・オペラでの主役デビューなど時代を担う若手の最右翼として、また師ディースカウの正当な後継者として認識されるに至っている。
 96年から岡原慎也の招きで毎年来日、97年のステージでは「冬の旅」で観客を圧倒し、「音楽の友」などで絶賛された。テレビ、ラジオの録音は数多いが、CBSソニーから、ヘンデルの「メサイヤ」「ヨハネ受難曲」「カルカナ・プラーナ」「美しき水車小屋の娘」等がリリースされている。

【岡原慎也(ピアノ)】Shinya Okahara, piano

 4才よりピアノを始める。東京芸術大学音楽学部付属高校を経て東京芸術大学に入学、在学中より演奏活動を始める。同大学卒業後、ドイツに留学。
 1996年にはディートリヒ・ヘンシェルの初来日公演を自らプロデュースし、翌97年のシューベルトイヤー、99年のR.シュトラウスイヤーの全国ツアーを成功させる。
 ヘンシェル、ヘルムート・ドイチュらと隔年で開催する「ドイツ歌曲解釈の夏期講習」はドイツ、オーストリア、日本で計7回開催され、多くの若い音楽家たちが巣立っている。
 1993年京都音楽賞、96年大阪文化祭賞本賞、そして2001年には音楽クリティッククラブ賞、2012年には第66回文化庁芸術祭優秀賞を受賞。これまでに20枚以上のCDがリリースされている。
 現在、大阪音楽大学大学院ピアノ研究室主任教授。日本ドイツリート協会会長。

 お問い合わせは コンサート米子 TEL0859-34-3173 まで

今後の例会はこちら

2020年
3月28日(土)
米子市文化ホール
【開場】18:00
【開演】18:45
<2020年 3月例会>
高木 綾子 (フルート)
安部 可菜子(ピアノ)

人気と実力を兼ね備えた日本フルート界の名花。
共演ピアニストは米子市出身の安部可菜子さん。

高木 綾子&安部 可菜子
これまでの例会はコチラをご覧ください。