センターからのお願い!

草、木等の搬入について

@集積所に出す枝木等は1回に2袋(束)までとして下さい。
世界的な環境問題(特にダイオキシン等の有害物質発生)
 などの点から、多量の枝木等を、野焼きする事が禁止され
 ています。
 本来、きちんとした施設で処理するのが、正しい方法です。
 これにともない、清掃センターへの枝木等の搬入が、最近
 非常に増えてきました。
 一度に多量に出されますと、収集時、又焼却時においても
 本来、処理しなければならないごみ(生ごみ等)の処理に、
 支障をきたします

 
ご迷惑をお掛けしますが、一度に出さないで、集積所には
 2袋、センターへ直接お持ち頂くときは、1日に軽トラックで
 2台分までの量として頂く様、ご協力をお願いします。

A草につく砂や土は出来るだけ落としてください。
庭、公園等の草取りで、出される草についてくる砂や土が、
 大変増えてきています。
 砂や土は燃えませんので、焼却炉から不燃分として排出し
 ますが、環境問題の点から、公園や庭、畑等に戻すわけに
 行きません。
 不燃分となった砂や土は最終処分場に埋め立てるしかなく
 多額の処理費(年間およそ3百万円)が、かかっています。
 草取りの際に、出来るだけ砂や土を、落としてもらい、乾燥
 してから、出してもらうのが、現状としてはベストです。
 清掃センターの運転費用は、税金でまかなわれていますの
 で、経費の削減の為に、皆様のご協力をお願いします

 

ホームへ