草木類の処理について
 可燃ごみ指定袋や収集券を使用されてごみ集積所に出された草木類は焼却処分されその焼却灰は、最終処分場にて埋め立て処分されます。このように、焼却処理をするとそれを処理する費用だけではなく、最終処分するための負担金等膨大な経費がかかります。

 しかし、これらの草木類をきちんと分別して清掃センターをはじめとする処理業者へ直接搬入していただければ、堆肥等の原料として再利用されます。

 境港市内には、草木類の処理を行うことができる民間施設が下記のように2つあります。

 ・(有)山陰エコシステム(中海干拓地)  TEL 47-5700

 ・環境緑地(株)     (西工業団地)  TEL 47-0247
 このような再利用施設をできるだけ活用していただき、焼却ごみの減量化にご協力ください。
ホームへ
搬入のしかたのお願い