米子の街で、演劇を継続して観たいという人達が集まって作っている、会員制の演劇鑑賞団体です。
 会員みんなで例会(演劇公演)を企画し、必要な費用もみんなで出し合い、運営も会員自身の手で行っています。
1960年に発足以来、今までに300回以上の例会(演劇公演)を実現してきています。
 現在、年6回の例会を実現しています。

−市民劇場は会員制です−

 市民劇場は営利を目的とした興行団体ではありません。
 私たちは魅力ある作品を安心して、しかも定期的に鑑賞できるように、すべての費用を会費でまかない、必要な仕事も会員で分担して行っています。
 いわば、会員自身が主催者なのです。

−会員の役割は−

・この米子の地で、年6回の例会(演劇公演)を実現していく米子市民劇場を支えています。
・毎月会費を納めることにより、例会に無料で参加できます。
・例会毎に発行する会報『であい』を無料で配布します。
・3名以上の集まり(サークル)をつくって、会の運営や例会決定に参加します。
・講演会や役者さんとの交流会など、この鑑賞会が主催する催しに参加できます。
・年に一度、サークルで例会の運営を担当をします。


どなたでも入会できます
 演劇を観たい方なら、いつでも誰でも会員になれますが、会員として継続することが前提です。(最低1年は継続してください。)すでに会員になっている方を通じて入会してください。
お知り合いの会員がいない方は、直接事務局までお申し込みください。また、そのときは、お友達や家族の方を誘って、できるだけ3名以上でサークルを作って入会してください。
自分一人だけしかいないなど、3人以上で入会できない方でも入会できます。遠慮なくご相談ください。

入会申込書に記入の上、入会金と1ケ月分の会費を添えてお申し込みください。


−会費について−

  一   般 学   生 高校生以下
入会金 1,000円 1,000円 1,000円
会 費 2,100円 1,500円 1,000円
会費は「入場料金」ではありません
会費は、この会を運営していくために必要なすべての費用を、会員が平等に負担するもので、入場料金ではありません。したがって、たとえ都合で例会に参加できなくても、会費は毎月納入します。
<会費の納入方法>
会費は前納制です。月末までに翌月分の会費をサークルでまとめて、一括して事務局まで納入します。


−お問い合わせ先−

この会のことを詳しく知りたい方は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

<事務局開局日と時間>
開局日:毎週月曜日から金曜日、及び月の最終土曜日
開局時間:午前11時から午後7時まで。
(土曜、日曜、祝祭日は、休日です。)


米子市民劇場事務局

〒683−0041
鳥取県米子市茶町104 米子文化センター1F
TEL : (0859)33−8695
FAX : (0859)33−8703
e-mail: (アドレスを表示させるにはjavascriptを有効にしてください)



jimu2.jpg(20616 byte)