航空自衛隊美保基地
JASDF MIHO AIR BASE
non official site  update:2019/06/18
航空自衛隊美保基地は、鳥取県西部の弓ヶ浜半島中央部に位置し、
民間の米子空港との共用飛行場となってます。

314万平方米の敷地に、2500m(07/25)の滑走路を持ち、航空支援集団第3輸送航空隊があり、 隷下に第403飛行隊と第41教育飛行隊が置かれています。
所属機種には、C−2輸送機と、T−400練習機が配備されています。

島根半島には高尾山分屯基地が置かれています。

また、基地の東側に 海上保安庁  第八管区海上保安本部美保航空基地 が有り日本海の保安活動を行っています。
境港には境海上保安部も有ります。

2018年 陸自美保分屯地にCH−47Jが配備されました。

2018年 空港駅の側に ドクターヘリの格納庫も出来ました。



<美保基地のなりたち>
昭和14年10月、一面の桑畑に海軍航空隊美保基地の建設が始まりました。
工事には、男手が不足し女子の勤労動員も多く、 呉海兵団からの応援などによって昭和18年10月開隊の運びとなりました。

艦上戦闘機、艦上爆撃機の搭乗訓練を任務とする艦上機航空隊と 甲種飛行予科練習生の教育部隊である予科練空が創設され、
”7つボタン”の若者が日夜訓練に明け暮れ、 航空廠では計器の製造、機体の修理などが行われました。
数千人の隊員を有し戦争末期には、爆撃部隊も配備され日本海側有数の基地でした。 終戦とともに、連合軍に接収され米軍などの進駐もありました。

昭和33年に返還され、同時に航空自衛隊美保基地として開設されました。


今も残る掩体壕  防衛省  航空自衛隊(イベント)  鳥取地方協力本部

■MIHO INFO

Air−Show Info 
2019年度も 空の世界を楽しみましょう
8月04日(日)千歳基地
8月25日(日)松島基地
9月08日(日)三沢基地
9月16日(月)小松基地


美保の美しき大空と共に


T−400は日々訓練で元気に飛んでいます

新型輸送機C−2が配備され 本格運用中です


基地開庁61周年記念航空祭
2019年6月2日(日)
無事終了しました







2019年 航空祭レポートはこちらから 

C−46「天馬」



美保基地航空祭など   美保のパッチ   YS−11体験搭乗記2009

<EC−1も時々ヤッテクル。

YSそのものが貴重な存在に。>

美保基地 資料館

アクセス

  JR  :米子駅よりJR境線米子空港駅又は中浜駅下車、徒歩15分
  自動車:米子ICよりR431北進、米子空港入口を左折し基地へ         
  飛行機:米子空港より徒歩10分
  

問い合わせ

     航空自衛隊美保基地 渉外室広報班 (0859)45-0211 (内211)
   〒684−0053     鳥取県境港市小篠津町2258


AIR-WEB/山陰の空ヘ